FX(外国為替証拠金取引)市場が動く理由

FX(外国為替証拠金取引)というのは簡単にいってしまうと証拠金といわれるお金をFX業者にあずけて外貨を売ったり買ったりする取引のことです。
非常に簡単な取引でわかりやすいといったこともあって人気の取引となっているといってもいいでしょう。
株などの金融商品の人気が低迷していることもあってかFXをする人は多くなっているというのが現状といってもいいでオょう。
外国の通貨を売ったり買ったりするわけですから、世界中の通貨で値上がりしそうな通貨を予想して買うか、値下がりしそうな通貨を予想して売るかの取引をするのがFXということになります。
円の価値を予想する取引ともいえるかもしれません。
外国の通貨を売買するときに交換するのは円と交換をすることになるのですから。
交換する外国の通貨に対して円の価値が上がるのか下がるのかを予想するのがこの取引ということになります。
 実際にFXの取引をしてみて思うことはなかなか市場は思うようにはならないということでしょうか、少し前では歴史的な円高水準といわれるような円高となっていて、円の価値が非常に上がってました。
過去に例がないぐらいのところまで円高となっているのですから、さすがに円安になるだろうと思って円を買っているとさらに円高がすすむような事態になっていました。
政府が為替介入をするぐらいのことをして一時的に円安になるようなこともありましたが、一週間もすれば元の円高水準よりさらに円高となるようなことになっていて、なぜそこまで円高になるのか不思議な感じがしました。
円は世界でもっとも金利がつかない通貨ですから、そんなものがなぜ人気になるのかと感じたものでした。
 この円高が大きく変わったのは新しい政権ができてからです。
新政権が誕生してからは大きく円安に変わっていきました。
新政権では大規模な金融緩和をすることを公言していて、金融政策も景気対策のなかのひとつの柱であるとしていました。
金融政策を軽視してきた感のある前政権とは正反対な姿勢といってもいいでしょう。
そうなると為替市場でも大きく反応をするようで、今度は円安がどんどんと進んでいきました。
ただ、円安が進行したといってもまだリーマンショックといわれる時の水準まではいっていませんので、歴史的な円高水準が是正されただけだというのが正しいのかもしれません。
 以前は政府の為替介入でも円安になることがなかったものが、政権がかわっただけで大きく円安方向に動くというのは為替市場が政権の政策と大きく関係があるということを示しているといえそうです。
欧米がこぞって大胆な金融緩和をしているときに、前政権は金融緩和を限定的にしかしてきませんでした。
そうなると市場はすぐに緩和にそれほど積極的ではないとして円を買っていくしかなかっスのでしょう。
そして、政権が代わって金融緩和を積極的にするという政権が誕生すると今度は一転して円を売る方向にでてきたというわけです。
このように為替市場は政権の政策方針とおおきなかかわりをもっているということを認識することが重要なのでしょう。
そうしないとなかなか市場でおきていることが理解できなくなってしまいます。
市場はさまざまなニュースで動いていて、たいていの場合は過剰に反応をしてしまうものとなっていますので。

Copyright 2010 こずかい.com All Rights Reserved.